酒蔵めぐりツアー

大阪最北端に位置する能勢町で、自ら酒米を作り、純米酒に拘って極限まで米の旨みを醸し出す蔵元「秋鹿」。 米作りの舞台となる自営田と水の源流である桜川を見学し、試飲会で秋鹿を飲み比べ、能勢の郷土料理を味わった二日間。

秋鹿の圃場見学と工場見学
厳選したラインナップ
築百年の古民家。東郷の歴史について語る主人
まずは食前酒から
先付。青菜の酒粕白和え(中央)蒟蒻田楽甘酒味噌(左)季節の野菜と凍り豆腐の塩麹マリネ(右)
能勢熟成鹿肉のロースト。黒米ソースがけ
秋鹿米郷土食柿達寿司と縞鰺の酢締め八重造り
酒蔵めぐりツアーページの先頭に戻る