元旦に能勢の三寺を参詣る

能勢の三寺を縦走して三徳円満

能勢で初詣といえば能勢妙見山。能勢妙見山の正式名称は「無漏山眞如寺境外仏堂能勢妙見山」といい、能勢地黄にある「眞如寺」の飛び地境内となっています。その真如寺の東方約1Kmには「妙見山奥の院」があります。

古来からこの「真如寺」「奥の院」「妙見山」の三カ所を行脚することは、その功徳が絶大とされ、「戒(戒め)」「定(精神の安定)」「慧(知恵)」の三つの徳が円満になると言われてきました。2020年元旦の初詣として、この三ヶ所を回ってみました。

三ヶ所行脚は真如寺参道からスタート

能勢電妙見口から阪急バス「奥の院」で下車すると、すぐに参道の入り口です。地黄城跡を右手に見ながら坂道を登ります。

春になると桜がきれいな参道です。野鳥のさえずりを聞きながら。

真如寺に到着

参道を登りきったところに最初の参詣ポイント、真如寺がありました。大阪で唯一日蓮聖人の御真骨が安置されているそうです。

お正月飾りがされた門をくぐり抜けるのは気持ちがよいですね。

「一年の計は春にあり、一月の計は朔にあり、一日の計は鶏鳴にあり」何事も初動が肝心ということですね。そんな「戒」を意識しながら、お参りしました。

奥の(院に通じる)細道を歩く

真如寺の先に続く道を登っていきます。いにしえの参詣者が歩いていた当時と、おそらく変わらないであろう山道。歩いているとタイムスリップしたような気分になります。

このような道標が残されています。丁石と呼ばれるものです。奥の院まで九丁。1丁はおよそ109m。

奥の院で侘び寂びを感じる正月

たどり着いた奥の院は閑寂な空気が満ちていました。初詣の賑わいと対象的な、侘び寂びを感じる元旦もよいものです。

狛犬の足元にお花が飾られていました。

誰もいない、ひっそりとした境内。

ベンチがありました。木がうっそうと繁茂していて残念ながら眺望はありません。

妙見山を目指して大原越え

三寺のうち、二寺はわりとスムーズに参詣できました。残りの妙見山を目指して進みます。

途中に出てくる今谷池という池の周りは、ピクニックに良さそうなスポット。薪パンと一緒に野点コーヒーはどうだろうか。

野間大原の集落が見えてきました。

大原の棚田を下って行きます。

大原を抜け野間中に入ります。

民家の間を通り抜け、野間川の川沿いを歩きます。

荒れた藪の中を進む

民家がなくなってきて、再び山道に入っていきます。

もう殆ど歩く人もいないのでしょう。かなり荒れています

道というか藪ですが気にせず進んでいきます。

すみよし茶屋の前の道路に抜けました。車道を少し歩き、再び山道に入っていきます

急な階段がそびえ立つ

山道を少し進むと、眼前に傾斜のきつい階段が出現しました。

この階段、極端に踏面が狭いので大きな足の人は要注意です。踏み外すと奈落。

なんとか登りきりました。

美しい古道を味わう

熊野古道のような雰囲気ある山道を進んでいきます。

路傍の苔に癒されます。

南無妙法蓮華経と彫られた石。しめ繩がとてもかっこいい。

この辺りまで登ってくると、杉ばかりだった森にブナの木(右側)が現れるようになります。

ブナ守の会の保護エリアはネットで立ち入りが制限されています。

ついに妙見山の山頂に

ついに妙見山山頂に。到着を祝うように太陽の光が。

元旦ということもあってたくさんの参詣者で賑わっていました。

本殿にお参りしました。三徳円満!最高の気分です。

ランチは奥山茶屋のおにぎりセット。中の具材は蕗と梅干しを選択。味噌汁もキノコたっぷりでおいしい。

寂しい山道を歩いてきたからかでしょうか、お正月の賑わいが心に沁みました。

賑わいを背にして下山

妙見山の賑わいを背中にして、再び山道に入ります。大堂越えで下山です。

ありなしの道を歩いて帰りたいので、あえて左を選択。

ゴツゴツした石の上を歩きます。

かわいい手書きの看板。

黒川ケーブル駅につきました。

黒川を経由して野間の大ケヤキへ

ここからは川西黒川を経由して、ありなしの道を歩いて野間の大ケヤキを目指します。

日本一の里山、黒川は「ほっこり感」があふれています。歩いていて楽しい道です。

お地蔵さまの背後にりっぱな「台場クヌギ」がありました。

柿が落ちずに少し残っていました。絵のように美しい風景。

桜の森のゲートには門松が設えてありました。通らせていただきます。

分岐の道標を頼りに歩みを進めます。桜の咲く頃にまた来たいです。

ありなしの道は、距離こそ短いですが変化に富んでいて飽きません。

疲れた足にやさしい、フカフカ落ち葉の絨毯。

手作りの看板はだいぶ傷んでいました。

ありなしの道のビューポイント。東郷村が見渡せる場所ですが、手前のソーラーパネルが目障りですね。これも里山の現実。

山を降りきったところ、いきなり巨木が視界に飛び込んできた。ありなしの道の良い所は、ゴールが「野間の大けやき」であること。

昨年末に付け替えられた真新しい「しめ繩」。樹齢1000年のご神木に挨拶して、初詣の旅は終了。

元旦に能勢の三寺を参詣るページの先頭に戻る